浅草在住、断腸亭錠志の断腸亭料理日記はてな版です。(内容は本店と同じです。)

断腸亭料理日記本店



浅草・そば・尾張屋本店 カレー南蛮

4014号 1月17日(月)第一食 さて、今日は浅草。 とにかく、寒い。私だけであろうか。まあ、特別私は寒がりで、放っておくとどうも出不精になってしまう。 [馬賊]で熱いタンメンでも、と思ってきたのだが、休み。あー、月曜定休であったか。 ここは昼…

神田須田町・鳥すきやき・ぼたん その2

4013号 引き続き、創業が明治30年(1897年)頃という、神田須田町の鳥すき[ぼたん]。 煮えてくる。 つゆはしょうゆの甘辛。割り下が置かれているが、濃いものと煮詰まった時のための薄いもの。 かわったものが入っているわけではないのだが、それぞれ…

神田須田町・鳥すきやき・ぼたん その1

4013号 1月15日(土)夜 さて、今日は神田須田町の[ぼたん]、で、ある。内儀(かみ)さんの希望で、内儀さんが予約していた。 鳥すき、まあ、軍鶏鍋である。 このところ、神田須田町が多いような気もする。 あんこう鍋の[いせ源]、 そばの[まつや]…

日山・国産牛ヒレシャトーブリアン・ステーキ

4012号 1月13日(木)夜 今日は、天気もよい。気温も多少高めかもしれぬ。 浅草方面に出る。 多少、目的があった。東武浅草駅前地下の路麺[文殊]。 いつもの、春菊。 半端な時刻なので、玉子のサービス付き。 今日のほんとうの目的は雷門の牛肉店[松…

上野・とんかつ・蓬莱屋

4011号 1月11日(火)夜 今日は、雪ではなく、雨。 雨なので、多少暖かいのではあるが、やっぱり体感的には、寒い。 夕方、着込んで出かける。 雨なので、バスで御徒町。洋食の[ぽん多本家]へ行こうと考えた。今年最初のとんかつ。いや、とんかつでな…

ペッコリーノのリゾット/牡蠣のアヒージョ

4010号 1月7日(金)第一食 ペッコリーノのリゾット 昨日は、東京も久しぶりの大雪。 路面にもまだ雪が残っているよう。今年はクリスマスから寒波が訪れ、正月も寒かった。そして、この大雪。 私などには雪が降って積もっても家にいればよいだけなので、…

御徒町・南インド料理・アーンドラ・キッチン

4009号 正月も終わり。そろそろ、平常営業に戻るのであるが、その前に今日は、旧臘書けなかったものを書いておきたい。 これは実際は暮れも押し迫った12月29日。 カレーを食べようと考えて、きてみた。御徒町の[アーンドラ・キッチン]。 最近は、いわ…

かんだやぶそば~お供えと文七元結 その2

4008号 引き続き初芝居の後の[かんだやぶそば]なのだが、ここに毎年飾られている、各藪蕎麦からのお供え鏡餅のこと。 以前は、別段藪蕎麦に限らず親戚付き合いをする家とお供えのやり取りをする習慣があったのではないか、という仮説の検証をしている…

かんだやぶそば~お供えと文七元結 その1

4007号 1月4日(火)夕 妙なタイトルだが、引き続き、1/4。 3時半頃、国立の芝居が跳ねた。しばし、タクシーを待つ。 神田須田町で、そば、かな!?。 午前中はなにか多少暖かいように感じたが、芝居の間に、風も出てかなり寒い。国立劇場前のタクシー乗…

初芝居 国立劇場・新春歌舞伎公演 通し狂言 南総里見八犬伝 その2

4006号 引き続き、初芝居。国立の、菊五郎劇団、八犬伝。 前回、七年前にも初芝居で観ていた。 配役も、幕の構成もほぼ同じ、なのであるが、演出はだいぶ変わっていた。 八犬伝、を知らない方はおられるのだろうか。前回、あらすじも書いてしまっている…

初芝居 国立劇場・新春歌舞伎公演 通し狂言 南総里見八犬伝 その1

4005号 1月4日(火) さて、初芝居、で、ある。 前にも書いたが、観に行くのは国立。チケットを買ったのは12月だが、そろそろコロナもまた復活しつつあり、多少心配。気を付けねば。 国立は例によって、通し狂言。演目は「八犬伝」で菊五郎劇団である。 …

鴨とねぎの鍋 その2

4004号 引き続き、鴨鍋。 拙亭では毎年正月に食べる。 今年も甘辛のすき焼き風ではなく、ねぎだけを一緒に焼き、しょうゆで食べるもの。 鴨とねぎの鍋は池波レシピ。池波作品にはよく出てくるが、これは「剣客商売」。 「剣客商売」はファンの方は先刻ご…

鴨とねぎの鍋 その1

4003号 1月2日(日) さて、正月二日。 これも毎年のことだが、鴨。やっぱり、鴨はうまい。 昨年もハナマサで安かったタイ産の胸肉をなん回か、フレンチの手法で焼いてみてもいる。 正月はなににするのかというと、やっぱり鍋。鴨鍋。 鴨鍋も甘辛のすき…

断腸亭の年越し2022 その2

4002号 12月31日(金)~1月1日(土) さて、ほんとうの年越し。 といっても、昨年とほぼ同様。ただ、コロナもあって、段々と簡略かしているのは確かではある。 大晦日、曇りで寒い。私の仕事は、神田[まつや]へ予約した年越しそばを買いに行くこと。 …

断腸亭の年越し2022 その1「浅草キッド」~浅草のこと

4001号 令和4年壬寅2022年開けましておめでとうございます。 本年が皆様にとってよりよき年でありますよう、心よりお祈り申し上げます。 また、本年も相変らずの内容でございますが、相変らず、ご贔屓賜りますよう、お願い申し上げます。 断腸亭 ~~~…

断腸亭料理日記2021年まとめ?

4000号 さて。今年は今号でお仕舞とする。 年の最後なのでなにかまとめを書こうと思ったのだが、号数が4000になっていたのに気が付いた。 まあ、いい加減に振っているので、前後はあるのだろうが、大幅には違っていないのではあろう。 この日記を書…

すき焼き・浅草・今半別館

3999号 12月26日(月)夜 さた、今夜は浅草[今半別館]、で、ある。 少し前に内儀(かみ)さんが予約をしていた。予約なしでは、以前からだがとても入れない。今もそのよう。 予約は17時。タクシーで出掛ける。 浅草には[今半]は三軒ある。新仲見世の…

ラムチョップのカツレツ

3998号 12月25日(日)夜 さて、クリスマスというほどのこともないのだが、内儀(かみ)さんの希望で、今日はラムチョップ。 例によって、最近作っているカツレツ。 ラムチョップの料理では、一番気に入っている。 付け合わせは、これも前回通り、ひよこ…

銀座・二葉鮨

12月23日(木)午後 さて、今日は銀座に買い物。まあ、銀座といっても歌舞伎座。芝居を観にではなく、歌舞伎座が毎年出している来年のカレンダーを買いに。歌舞伎の浮世絵を使ったもので毎年使っている。 ここにも書いていない通り、歌舞伎自体は、コロナ禍…

そば・神田まつや

3996号 12月21日(火)午後 さて、毎度お馴染み、午後からそばやで一杯、なのだが、今日はちょいと足を伸ばして、神田[まつや]へ行ってみようか。 今日は天気もよいが、少し暖かい。 元浅草の拙亭から、神田須田町まではどうであろうか、自転車でぶら…

ハンバーグ・和知シェフレシピ その4リベンジ

3995号 さて、引き続き、ハンバーグ。 ボールをキンキンに冷やしながら生地をこねたところまで。 前回のもう一つの反省。肉は前回も500gであったが、この500gを一つにして焼いてしまった。これも割れる原因。ひっくり返しずらいのももちろん。 半分で焼…

ハンバーグ・和知シェフレシピ その3 リベンジ

3994号 12月19日(日)夜 さて、ハンバーグ、で、ある。 まあ、その前に、肉を喰おう、が先なのではあるが、 10月に作った和知シェフレシピのハンバーグ。 これがまあ、割れてしまい、成功の域にはとても達しなかった。 なかなかハードルは高そうなのだ…

ぶり大根

3993号 12月18日(土)夜 引き続き、土曜日。 スーパーに寄ると、ぶりあらが安かった。 鰤のあら。ぶりあらの値段というのはどのように決めているのであろうか。 ぶりあらは、ぶり大根にする。かなり一般的な料理なので、家庭でもよく作られるのであろう…

二長町・ラーメン・天神下大喜

3992号 12月18日(土)午後 さて、なにを食べようか。 寒いし、一番簡単に思いつくのが、芸がないが、ラーメンになってしまう。 今日思い付いたのは、天神下[大喜]。 もっと頻繁に行こうと決めたのだが、ちょっと間があいてしまった。 二長町はここの…

煮込み

3991号 12月14日(火)夜 雨、で、ある。 初冬の雨。 寒いし、外に出たくない。 どうせ朝起きているわけではないので、わからないのだが、横浜では初雪が観測されたと、ニュースで言っていた。東京でも雹(ひょう)が降ったところもあった、とも。 ただ…

浅草・そば・尾張屋本店

3990号 12月13日(月)夕 さて。 月曜日。 天気はよいが、寒い。 東京の銀杏が落葉した、と、ニュースで言っていた。東京管区気象台の発表のよう。毎年、そんな発表があったっけ?!。銀杏の落葉は12/10で、平年より7日遅く、昨年より4日早いという。へ…

上野・洋食・ぽん多本家

3989号 12月12日(日)夜 さて、日曜日。 今日は、内儀(かみ)さんの希望で、上野の洋食や[ぽん多本家]へ。 16時の夜の営業開始を目指して、出掛ける。 16時すぎ到着。 重い扉を開けて、入る。 カウンター向こう側のご主人に二人、と、指を出す。 一…

赤酢の酢飯で〆鯖のにぎり

3988号 12月11日(土)夜 さて。続くのだが、また、鮨。 今度は、鯖。〆鯖、で、ある。 鯖を買ってきたのは、10日金曜。 浅草ロックスの西友である。三枚にきれいにおろした半身で、さらに値下げ。なんと100円。こういうのを置いているのが西友。 これは…

赤酢の酢飯で鯵のにぎり

3987号 12月9日(木)夜 今日は鯵のにぎり。 しばらく前から食べたかった。 鯵の旬というのは、ほんとうは夏であった。ただ今は、ご存知の通り温暖化で、魚の獲れる場所も時期も大きく変わっているのでなんとも言えなくはなっているとは思う。真冬を前に…

タラモサラダ

3986号 12月7日(火)夜 さて、たらこ、いや、辛子明太子を買ってあった。 そのまま酒の肴として食べようと思って買ったのであるが、そのままではおもしろくないのでちょっと考えた。 なにかというと、表題のタラモサラダ。 タラモサラダというのは、皆…