浅草在住、断腸亭錠志の断腸亭料理日記はてな版です。(内容は本店と同じです。)
断腸亭料理日記本店
 

今日の料理・落合シェフレシピ・かきのスパゲティー

1月17日(日)第一食 今日は、これ。 昨日から、続いてしまった。必ずしも意図はしていなかったのだが。 昨日のグラタンにしたかきの小さい方がまだ残っていた。 これ、パスタにできないかと調べてみた。 で、出てきたのが、今日の料理、落合シェフのもので…

今日の料理・栗原はるみレシピ・かきのグラタン

1月16日(土)第二食 さて、今日はかきのグラタン。 ねた元はNHK今日の料理。先生は、栗原はるみさん。1/13の放送。普段は放送を視ることはほぼないのだが、たまたまチャンネルを回したらやっていて視た。 基本、私はプロの料理人のレシピをNo.1と考えている…

赤酢の酢飯で生鯵とまぐろのにぎり

1月15日(金)第二食 正月もあけて、15日。 そろそろ、魚。毎度お馴染み、赤酢の酢飯でシリーズ。 今日は、生の鯵にしてみようと、考えた。 いつもは〆るが、光物は真冬であれば鮮度は問題ないだろうし、たまには〆ていないのも食べてみよう。 吉池へ。 対面…

きつね丼/元浅草・そば・砂場/浅草花川戸・中華・ぼたん/メンチカツ丼

今日は四本。 1月12日(火)第一食 昨日の味噌煮込みうどんで余っていた、鶏肉があったので、親子丼を作ろうと考えた。 ただ、親子というのは、鶏肉が少ない。お、そうだ。同様に味噌煮込みで余っていた油揚げも入れて、きつね親子丼?。分葱もあるので、こ…

取り寄せ・名古屋山本屋本店・味噌煮込みうどん

1月11日(月)第二食 さて。取り寄せの「博多もつ鍋」がうまかったのでシリーズ化?。 表題の、名古屋味噌煮込みうどん、で、ある。 実のところ、名古屋名物の、赤味噌の味噌煮込みうどんには私はとても馴染がある。好物といってよい。 そもそも今を去ること…

火鉢で和牛ローストビーフ

1月9日(土)第二食 なんであろうか。肉。 肉ばかり食べたくなる。 正月だからといって、鴨も食べているし、魚系ばかりではなかった。で、今日思い付いたのは、ローストビーフ。 昨年、和牛を炭で焼いてみた。 ローストビーフは、欧米の料理で、むろん欧米の…

火鉢で和牛ローストビーフ

1月9日(土)第二食 なんであろうか。肉。 肉ばかり食べたくなる。 正月だからといって、鴨も食べているし、魚系ばかりではなかった。で、今日思い付いたのは、ローストビーフ。 昨年、和牛を炭で焼いてみた。 ローストビーフは、欧米の料理で、むろん欧米の…

博多もつ鍋

1月9日(土)第二食 寒いので、鍋。 なのであるが、こんな時期なので、取り寄せもよいのではなかろうか。 正月、TVで見かけた、博多もつ鍋。ちょっと食べたくなった。 博多もつ鍋といえば、今を去ること30年前、バブルの頃、一度東京で流行った記憶がある…

上野・そば・喜乃字屋/二長町・ラーメン・天神下大喜

ますます、たいへんなことになっている。より慎重に。だけれども、平静に、前向きに。日々暮らしていかねば。 今日は、二本。 1月7日(木)第一食 そばやに行こう。どこがよかろう。[喜乃字屋]を思い付いた。 旧臘、上野駅、公園口前「上野の森さくらテラ…

浅草今半 その2

さて。 引き続き[浅草今半]。 前菜から、姫路牛のにぎり鮨、同じくサイコロステーキときて、真打登場。 姫路牛。 いかがであろうか。 私は、肉の専門家でも、目利きでもなく、素人目ではあるのだが、やはり、美しいとは思われないか。 この見事な霜降り。 …

浅草今半 その1

12月29日(火)第二食 さて。 昨年に戻ってしまうのが、気持ちがわるいが、ここは、書いておきたい。 [浅草今半]国際通り本店。有名店だが、私、初めて、で、ある。 すき焼き店の今半というのは、浅草に三軒ある。 詳しくは、ウィキにページがある。 新仲…

鴨鍋

1月1日(金)第二食 元日の夜。 昨年もそうであったが、我が家では、いつの間にか正月は鴨鍋になっている。 鴨鍋はもともとは池波レシピ。 作品は「剣客商売」で、二つある。 一つは「剣客商売 二 辻斬り (新潮文庫)」 これはねぎのみで、しょうゆで。 もう…

断腸亭の年越し2021 その2

引き続き、断腸亭の年越し2021。 届いたお節。 鮨があって、一之重、そして、二之重。 煮しめ。花形にきれいに切ったにんじん、椎茸、蓮、筍、慈姑(くわい)、麩。笹の葉に包まれているのは生麩の餅、柑橘系の風味のある白味噌の餡入り。下に隠れて見えない…

断腸亭の年越し2021 その1

2021年令和3年辛丑 あけましておめでとうございます。本年も断腸亭料理日記をどうぞ宜しくお願い申し上げます。皆様の21年が、少しでもよい年になりますよう、祈念申し上げます。 断腸亭錠志 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 令和…

2020年まとめ

2020年も終わろうとしている。 今年はここまで、としようと思う。 なんらか、今年のまとめのようなものを書かなければいけないような気がするのだがもう一つ、で、ある。 現在進行形で、まだまとめる段階ではない、という感じ。 今年の初めには、まさかこん…

ラムチョップソテー唐茄子の安倍川添え

12月25日(金)第二食 さて、クリスマス、、、と、いうほどのこともないが、内儀(かみ)さんが、ラムチョップを買ってきた。 少し前に、例の和知シェフのレシピでラムチョップをソテーをしてみた。 ちょっと、焼き時間が少なかったのが、反省。かなり羊くさ…

元浅草界隈/松が谷・中華・福来軒/そば・元浅草・砂場/洋食・稲荷町・ベア本店

さて、今日は、毎度お馴染みご近所三軒。 と、その前に、私の住む台東区元浅草界隈のことを少しだけ書いてみたい。上野と浅草のちょうど間。どちらも歩いて15分ほど。 なん度か書いているが、池波先生が育たれた街。また、亡くなられた永六輔氏のご実家もあ…

カジバタ、焼きかぼちゃ

12月21日(月)第二食 スーパーに日用品を買いに行ったついでに特にあてもなく、食品売り場を見る。 かぼちゃ。あー、今日は冬至。 折角なので、今日はかぼちゃを食べようか。 切ったものもある。たくさんあってもしょうがないので、角切りではなく、スライ…

鰯ぬた

12月20日(日)第二食 さて、鰯、で、ある。 小肌と一緒に刺身に切ったものを買ってにぎってもいたのだが、余ってしまった。 これをぬたにしよう。 一日経ってるので、酢〆にしなければいけない。と、いっても本格的に〆るのは面倒。 一度塩をし、洗って、再…

上野洋食・遠山

12月20日(日)第一食 さて。たまには、こんな一本も。 [上野洋食 遠山]、(・)ナカグロを入れたが通しで、入れても半角スペースくらいで、店名なのであろう。 挑戦的な店名であろう。上野の洋食を代表している、と。 ご存知であろうか。私は不勉強ながら…

赤酢の酢飯で小肌をにぎる。

12月19日(土)第二食 さて、今日は、赤酢の酢飯シリーズ。なにか、〆た魚が食べたい。 吉池、で、ある。 2時頃きてみると、土曜日で結構な人。 と、珍しく、開いた小肌があった。 9月に見つけて〆てみた。やはり、早い時刻だとあるのか。 聞くと、残枚数…

丸亀製麺/まぐろかまとろ/とんかつ・浅草・とお山/リンガーハット/元浅草・鯉作

さて、今日は四本。 丸亀製麺・浅草ロックス 12月13日(日)第一食 寒いので、うどんが食いたい。東京の鍋焼きうどんもいいが、やっぱりお手軽でうまい[丸亀製麺]。讃岐うどんのチェーンも多いが、やはりここがNO.1であろう。すべての店で打ち立てというの…

稲荷町・中国意境菜・白燕 その2

引き続き稲荷町[白燕]。 リンゴアメから始まって、よだれ鶏などの前菜三品、点心は水餃子、薬膳のスープ、紹興酒に替えて、オプションの上海蟹あんかけ、まで。 この順番、中華の本来のコースの順とは微妙に違っているようである。 中華は、前菜、その後は…

稲荷町・中国意境菜・白燕 その1

12月12日(土)第二食 さて。 ご近所、中華の[白燕]。 先週、ランチにもきて、黒酢酢豚を食べていた。 散々な一年であったが、こんなご近所でこの店に出会えたのはよいニュースの一つであったろう。 この店自身はこんな年にオープンしたのはたいへんなこと…

そば・元浅草・砂場/天ぷら・蔵前いせや・出前

今日はご近所二本。 書いている通り、私は台東区の元浅草というところに住んでいる。隣接する町は、北が東上野と松が谷、東が寿、南が小島と三筋、西が東上野、となる。さらに、その間の北東が西浅草、南東が蔵前、南西が台東、北西も東上野。このあたりまで…

カチャトーラ その2

引き続き、イタリアンのカチャトーラ。ラムのちょっと厚めのスライスを使ったもの。 うまい。まず、断っておくが、これ、軽く煮込んでいるが煮込み料理ではない。あくまで肉とソースの料理である。 もちろん、これが正解なのかはわからない。このソース、ま…

カチャトーラ その1

12月9日(水)第二食~ さて。カチャトーラ、で、ある。 ご存知であろうか。私は聞いたことがある、程度の料理。 イタリアン、で、ある。肉の名前を入れて、○○の猟師風というメニュー名に聞き覚えのある方もあるかもしれぬ。あれである。 似たような音だが、…

中華風焼きそば

12月8日(火)第二食 さて、中華風焼きそば、で、ある。 中華鍋で麺を焼き付ける、あれ。 少し前にマルちゃんの3色焼きそばを買って、ソース焼きそばを食べていた。 水炊きに使った白菜がまだたくさんある。 白菜の食べ方として、鍋もよいのだが、焼きそば…

赤酢の酢飯で煮いかと鱸昆布〆のにぎり

12月5日(土)第二食 さて。今日は、毎度お馴染み、赤酢の酢飯で、鮨をにぎろう。 冬に入って、魚も変わってきているか。 吉池。 見つけたのは、二つ。 鱸(すずき)。千葉、竹岡産。腹側のちょっと小さなサク。399円。東京湾、江戸前。鱸というのは、鮨やに…

鶏水炊き・ぼんじり出汁

12月5日(土)第二食 さて、ぼんじり、で、ある。 ご存知であろうか。焼き鳥やでみることがあろうか。丸い、鶏の尻尾の肉。脂と軟骨、骨でできている部分。 尻尾の付け根。一羽に一つしかないので、希少部位、などともいわれる。 これが、なぜかハナマサにい…