浅草在住、断腸亭錠志の断腸亭料理日記はてな版です。(内容は本店と同じです。)
断腸亭料理日記本店
 

カレーステーキとチキンライス

土日の朝飯。ちょっとハンパだが、おもしろいので
合わせ技2本で、書いてみる。

2月18日(土)19(日)朝

土曜、朝。

昨日のキャベツがある。
内儀さんが千切りのあまりを炒めて食べていたので、
食べたくなった。

そのままでは、おもしろくないので、
カレー味にしよう。
意外にうまい。

と、くると、一緒にカレーソーセージはどうだろう。
カレーソーセージというのは、なんでもドイツベルリンの名物だそうな。

大きなソーセージにカレー粉、ケチャップをかけただけのもので
ジャンクな味だが、うまい。

冷蔵庫のソーセージを探す。
あれま。先週食べ残した、アンガス牛のステーキ肉半分が
出てきた。

食べてしまわねば。

カレーステーキ。
ソーセージをステーキ肉にかえても、いけるだろう。

キャベツは千切りにして炒め、塩とカレー粉を和えておく。

ステーキ肉はフライパンでミディアム程度に焼いて
塩胡椒。

皿にカレーキャベツを盛り付け、焼いたステーキをのせる。

ステーキにカレー粉をまぶす。
S&Bの赤缶。

カレー粉はたっぷりが、うまい。
カレー味が感じられるくらいよりも、もっと。
辛みが感じられるくらいの量。
どばっ、と、かける。

カレー粉の上からケチャップをかける。

出来上がり。

これもやっぱり、ジャンクではあるが、
なかなかうまい。

もう一つ、翌、日曜朝。

内儀さんが飯を炊いたので、チキンライスを
作ろうと思い立った。

チキンライスは好物の一つ。
毎日でも食べたいくらいである。

まったく子供の味覚、で、あるが、
要はケチャップライスが好きなのである。
ついでだが、池波先生もお好きであった。
日記にもよく登場する。
チキンではなく、ハムであったり豚肉であったり、色々。
ただ、やはり、チキンが最もうまいのは不思議である。

冷蔵庫の野菜室にマッシュルームがあったので
これも入れよう。

冷凍庫にストックしてある鶏もも肉を解凍。
玉ねぎ1/4をみじん切り。

鶏肉は小さなサイコロに切り、玉ねぎみじん切りと炒める。

火が通ったら、マッシュルームも投入。

しんなりしたら塩胡椒。

そして、ブランデー。

写真を撮ろうとカメラを左手に、
右手にブランデーのボトルを持って傾けたら、
カメラに気を取られ、

わっ!。

ブランデーがドバっと、出てしまった。

大ファイヤァ〜〜〜!!!。



しばらく火が消えない。

消えてからも水分量が多いので、煮立てて飛ばす。

いいかな。

温かいご飯を投入。
ご飯の上に、油を追加。

チキンライスもチャーハン同様、
油でご飯の表面をコーティングする。

また、同様にご飯は温かいもの。
炊きたてか、レンジで温めたものを使う。
チャーハンの場合はパラパラのため。

チキンライスはケチャップが入るので
パラパラにはならないが、同じようにしている。

ともあれ、強火でよく混ぜる。

ケチャップも投入。

これもよく混ぜる。

味見。

大量のブランデーのおかげか、なかなか濃い味になった。

なにも足さずにOK。

出来上がり。

濃い味のチキンライス。

私の場合、浅草の洋食や[ヨシカミ]が手本。
今日はうまいものができた。
ブランデー多めは、よいかも。