浅草在住、断腸亭錠志の断腸亭料理日記はてな版です。(内容は本店と同じです。)
断腸亭料理日記本店
 

牛込南山伏町・フランス料理・ラ・ビチュード


7月26日(火)昼


いつの間にか、久しぶりになってしまっていた。
山伏町のラ・ビチュード。


前回、3月30日


市谷・牛込ビストロ¥1000ランチシリーズである。


台風が近付いているが、雨はやんでいる。


珍しく、同僚らと男ばかり、三人で来る。
こんな天候でも、そこそこ、お客は入っている。


メニューを見る。


前菜には、塩豚と豚足のゼリー寄せ、というのがある。
うまそうである。どうも、筆者この手のものに、目がない。


メインは、、。


肉、肉、であるが、仔羊もも肉のポワレ、で、行こう。


来た来た。


半透明なゼリー寄せの上には、赤い胡椒とパセリ、
そして、シブレット、であろうか、ねぎのようなもの、の、みじん切り。


生野菜と小さなピクルス。
前にも書いたが、ビーツを使った、甘味のあるピンクのソース。
ここのお得意である。


さて、ゼリー寄せ。
これは、うまい。


ゼリーのプリプリの食感と、形はもちろんわからないが、
豚足の軟骨部分のコリコリした、歯触り。


また、柔らかい豚の塩加減もよく、
まぶされた、胡椒の風味がまた、格別である。


また、ゼリー自体も、うまみ一杯である。


これはもう、フランスパンをバクバクと喰ってしまう。
(同行者と合わせて、何度も、追加でもらってしまった。)





さて、メイン。
仔羊。


これは大きい。
厚みは5mm程度であるが大きさは、15cm程度はある。


付け合せは、ズッキーニ、にんじん、ブロッコリー
マッシュポテト。


ソースは褐色で、赤ワインベースと思われる。
ラムに合わせる、ということなのか、
甘味が比較的強くしてあり、全体としては、甘酸っぱい感じである。


肉は、骨も付いている。
火の通り加減もちょうどよい。
柔らかで、くさみも少ない。
これだけ大きいと、食べで、もある。
また、先ほどの、豚足ではないが、骨のそばの部分が、また、うまい。
まんなかの骨の中まで、食べてしまった。


マッシュポテトもうまい。





普段、フレンチなどに、縁のない、ムクツケキ、男共も
大満足であったようである。
(ただし、パンは頼み過ぎであった、、、。ごめんなさい。)


段々、慣れてきてしまっているが、
これで、¥1000。


やはり、グー同様、この量と、味。
驚くべきこと、と、いわねばならない。


ありがたや、ありがたや。




ぐるなび





『募集』
「断腸亭に食わせたい店、もの」、随時、大募集。
あなたのお勧め、ご紹介いただければ、うれしく思います。
その他、ご感想、ファンメール(?)も是非!!