浅草在住、断腸亭錠志の断腸亭料理日記はてな版です。(内容は本店と同じです。)
断腸亭料理日記本店
 

牛込納戸町・伊料理・リストランテ・ラストリカート

5月12日(木)昼


ここ、あえて書いていなかった。
オフィスの近所、市谷・牛込ビストロ・ランチシリーズである。


場所は、牛込中央通り、ビストロ、トラットリア密集地帯である。
同じく、イタリアンのカルミネも、道をはさんで、すぐ近くである。


隣りは、紅虎餃子坊。


何回か、足を運んでいたが、書いていなかった。
この日記には、行っても書いていないことも、少なくはないのである。
毎日書いているこの日記であるが、その回で、
読者の方に、伝えるべきことがないと、書かない、書けない、のである。


筆者、イタリアンは、好みである。


有明のアルポルトなどは、ビックサイトへ行く度に、昼は必ずここに、決めている。


と、どうしても、比較してしまうのである。


また、カルミネと比較して、どうなのか、なのである。


カルミネは、ワンプレートランチ¥1000、というのがある。


イタリアン、というと、フレンチ同様、若い女性好みのおしゃれなランチ、
ディナー、というコンセプトの店や、メニューが、多い。


それだけでは、男は通えない。やはり、近所の、ブラッセリー・グー
ラビチュードはうまいことはもちろんであるが、¥1000ランチでも
男にも充分満足できる、ボリュームがある。


イタリアンもアルポルトなどに通っていると、
単に、お洒落で、女性向けのものだけではなく、男にも満足のできる
メニューもある、ということがわかってきた。


それは、そうであろう。
もともと、フランス人もイタリア人も、大食漢で、
正統のコースで食べれば、
とても日本人には食べきれぬボリュームがある。


イタリアでも南部は魚介系も多いが、北部は肉が、メインである
と、いう話もある。


ゴタクが長くなってしまったが、ラストリカート。
久々に来てみた。


店内は白が基調の明るく、上品。20席ほど。


¥1000のビジネスランチ(パスタと、サラダ)というメニューが
できていたが、6食限定で、既に売り切れていた。
それだけ、お客は入っている、ということである。


そこで、¥1500の普通のランチ。


前菜盛り合わせか、サラダ、そして、いくつかのパスタから1品。
コーヒーが付く。


前菜盛り合わせが、強力になっていた。
少しずつ、盛り合されているのであるが、2種程度増え、6品。





水菜のミニサラダ、きのこの和え物、鰹たたきのカルパッチョ
スモークサーモン、鴨肉、生ハム。


どれもうまい。これは、満足である。


さて、パスタ。
ここは、有機、無農薬など、野菜にこだわりがある店である。
そこで、パスタも、いきおい、野菜中心である。
これでは、どうしても、男のランチとしては、物足りない。
せめて、魚介。肉系のものも、メニューに欲しいところである。


この日は、昔なつかしのナポリタン・ラストリカート風と、
キャベツのミートソースが、肉系。それ以外は野菜とチーズのみ。


ナポリタンは、一度食べたが、なかなかうまい。
今日はミートソースにしてみたが、どうしても、
物足りなさ、を、感じてしまう。





もちろん、まずい、ということではない。
満足感、ということである。
先の、アルポルトは、¥100アップで大盛、という手も
用意してくれている。
(ここももちろん、大盛にもしてくれるが、¥200アップであったか。)
また、単に、量の問題だけではなく、食べ応えを考えた
メニューを1品、用意してもらえれば、うれしいのである。
(本当は、前菜のパワーアップよりも、こちらの方がよりうれしいのである。)


どうしても、女性をイメージしたメニュー構成を
考えられるのであろう。
東京のお洒落な、イタリアンやフレンチは皆そうなのか。


男だって、お洒落でうまい、そして、満足感のある
フレンチやイタリアンを、手軽にランチにも食べたい、のである。




店舗HP




『募集』
「断腸亭に食わせたい店、もの」、随時、大募集。
あなたのお勧め、ご紹介いただければ、うれしく思います。
その他、ご感想、ファンメール(?)も是非!!