浅草在住、断腸亭錠志の断腸亭料理日記はてな版です。(内容は本店と同じです。)
断腸亭料理日記本店
 

銀座INZ・スパゲティー・ジャポネ

f:id:dancyotei:20191104225842g:plain
10月31日(木)第一食

第一食、目的は別の店であったのだが、
来てしまった[ジャポネ]。

銀座、11時すぎ。
自転車。

銀座一丁目あたりの目的の店に入るのは、少し早いか、と思って、
銀座の街をうろうろ走って、外濠通りまできた。

あ!。
[ジャポネ]だ。

銀座、有楽町はこのところあまりきていなかった。

茶店スパゲティーというのか、カウンタースパゲティーというのか
昭和の太麺スパゲティーの“聖地”といってよいだろう。

ここまできたのなら、食べていかねば!!。

外濠通りの歩道に自転車を停め、マクドナルド脇の入口を入る。
[ジャポネ]はちょっと奥。

お!。
既に通路には、店前から一度折れたところまで、列。

開店は10時半であった。
一回転したかしないかであろうか。

ゆっくり待とう。
列に付き、スマホで読書。

食べている人も、立って列についている人も皆静か。
むろんほぼ男一人なので。

が、少し列の後ろの女性が二人。30後半?比較的年齢は高い。
ずっと喋っている。
まあ、よいのだが、、

ともあれ。
これだけ人がいて、この静かさ。
これが“聖地”であろう。
値段がご覧になられようか。今どきこの価格は驚きであろう。

結局、小一時間かかったか。

列の先頭から、
お兄さんの、次の方ぁ~、どうぞぉ~、
の声であいたカウンターのスツールへ。

ちょうど、声を掛けたお兄さんの前。

注文はこの長い時間の間に、もちろん決めていた。

ナポリタンレギュラーと、別に持ち帰りで
インディアンレギュラー!。

店名の「ジャポネ」という選択肢もある。
「ジャポネ」は和風で“肉、シイタケ、オニオン、コマツナ入り”。

だがこのジャンルの王道、ナポリタンに。
量は、ほとんどの男が大盛だが、この年ではさすがに
やめる。

そして、ちょいと裏技のようだが、ここは持ち帰りが
できる。多くは事前にTEL予約をして、オフィスで食べる、
というような人が頼んでいるよう。

私の場合は、持ち帰ってもう一つ食べたい、食べられる
ということである。

インディアンというのは、スパゲティーにここのカレーが
かかったもの。ここにはあまり頼む人は見たことはないが、
カレーライス、というメニューもある。

ナポリタンと持ち帰りを頼むと、普通は勘定は後なのだが、
お代を、というので先に勘定。
なにか、お兄さんの段取りがあるのだろう。

頼んでからも、ここは意外に待つ。

さらに待って、きた。

粉チーズをかけて、

太麺、たっぷりケチャップ。

ジャポネのスパゲティー

なにが、うまいのか。
濃い味?。うん。太い麺?。そう。
マーガリンの風味?、これもあるだろう。

そして、この場所、この雰囲気も大きかろう。

レギュラーなので、簡単に食べ終わる。

まさに聖地[ジャポネ]堪能。

うまかった、だけでない“ナニモノカ”を得られる。

ご馳走様でした、と、持ち帰りをもらって立つ。

帰宅し、4時頃、持ち帰りのインディアンを
食べることにする。

粉チーズも付いている。

ちょっと冷めているので、
軽くレンジで温める。

開けるとこんな感じ。

まあ、お世辞にもうまそうなミテクレ、では、ない。

缶ビールを開けて、食べる。

インディアン。
小松菜も入っているのがおもしろい。
このカレーもうまい、のである。

スパゲティーの麺は炒めている。
他のものと同じように、マーガリンで。
香りがする、のである。

うまい、うまい。

さて、ジャポネ。
マーガリンを使ったりして、この味のコピーを
してみようとしたこともあった。

ナポリタンにしても、あの味にはならない。
なんであろうか。
他の、似た店の中でも、傑出している。
まさにジャポネマジックである。

日本の、昭和の、喫茶店、カウンタースパゲティーの聖地、
銀座INZ[ジャポネ]で、ある。

 

 


中央区銀座西2-2先 銀座インズ3 1F
03-3567-4749