浅草在住、断腸亭錠志の断腸亭料理日記はてな版です。(内容は本店と同じです。)
断腸亭料理日記本店
 

断腸亭落語案内 その59 春風亭柳好 野ざらし

f:id:dancyotei:20190521083754g:plain

引き続き、三代目春風亭柳好師「野ざらし」。


八 なんでもいいから、早く出てこい!。
  出てきたら酒を掛けるよ~。
  
  俺んとこは、浅草門跡裏、角(かど)に酒やあっから、
  そこ入ってくっと三軒目。
  腰障子に丸八(まるはち)としてあら~。

  てなこと言うと、くるよ。
  
 (頭の上を指さして)
  こんなとこから声出して、

  こ~~んばんは、こ~~んばんは。

A「ほら、そっちいってろ。ちょっと見ろ。」

八「誰だい?。

  あたし、向島からきたの、入ってよくって?。

  向島なら待ってたんだ、入(へぇ)んねえ。

  ごめんなさい。あ~らあたし、今晩からあたしあなたの
  お内儀(かみ)さん。よくって?。
  ふん、様子がいいわぁ~。
  浮気なんかしない~?。
  
  浮気なんかするもんかぁ~。

  浮気をしそうだわよ~。

  浮気なんざぁするもんかぁ~。

  浮気をするよ~。

  するものか~。

  するよ~。チクショー、
  (仕方話で隣を叩く仕草。)
A「痛いよ~」
八「そいで、この口でごまかしゃがんだろー。
  コンチクショー」
  (同じく、隣の口をつねる仕草。)
A「おい!、ほっぺたつねっちゃしょ~んねーなぁ~。」
八「お前さんなんか、つねるよりくすぐるよ

  って、から、俺ぁまた、くすぐられんのいやだ

  よせよ~。

  いいからあなた、くすぐるよ~
  (同じく、くすぐるられる仕草。

  (ここまでずっとそうだが)片手で竿を持ったまま、もだえる、、、

   自分の釣針が自分のあごに引っかかる。)

  痛て、て、て、て。」
A「おい!、あごを釣っちゃった、あの人。」
八「どういうはずみで、針がここへかかちゃったぃ。
  おーい、笑ってねーで、取ってくれ。
  あ、っと血が出てきやがった。おー痛ぇ。

  釣りをすんのにこの針は邪魔だぃ。
  (針を取る仕草。)
  こんなもん、いるかぃ。
  さーこい!。
  (再び、竿をかまえる。)
  
A「おい!。あの人針なしでやってらぁー。」

「野ざらし」でございます。

~~~~~
これでお仕舞。

噺としてはここで落ちているが、下げらしい下げには
なっていない。

いかがであったろうか。
金馬師もそうであったが、文字に起こして果たして伝わる
ものなのか。

文字に起こすのは、この人は他に比べてかなりたいへん。
早いし、はっきり喋っていない言葉の多いこと。これ、特徴
であろう。

枕を抜くと10分程度。
内容の割に、時間は短い。

「野ざらし」。
明治期は「手向けの酒」という名前であった。
いつもの「口演速記明治大正落語集成」(講談社)以下「集成」、
にはこの名前で出ている。明治26年1893年)、演者はこれも
三代目三遊亭円遊

(前にも書いているが、一般には三代目円遊は長く初代といわれて
おり、今のwikipediaなどにも初代としてあるが「集成」には三代目と
表記されている。当円遊の前に二代あることはwikiにもあり、
史実のようでこの文章では「集成」に倣い三代目表記としている。)

円遊の「手向けの酒」には釣りのあとがあり、骨を見つけ酒を
掛けて帰ってくると夜、いい女ではなく、オカマの幇間
(たいこもち)がくるというもので、演じられなくなっている。

骨を回向するとオカマがくるという原話は中国にあり、
類話もたくさんある(「落語の鑑賞201」(末信真治編)他)
ようで、もともと、こういう話しであったのであろう。
まあ、お下品ではある。

二代目林屋(家)正蔵が落語にしたともいう。(同)
天保期であろうか。)

実際にどんなものであったのかは不明だが、仏教色の強い
因縁噺であったという。これを現在に近い明るいものに
三代目円遊が変えたといわれているよう。(同)

三代目柳好師。例えば「がまの油」「二十四孝」など他の噺でも
そうなのだが、ここまで流麗、唄うように演じる落語家は他に
例ががなかろう。とにかく明るい。それだけでも柳好師を聞く
価値がある。

柳好師は明治20年(1887年)浅草生まれ。大正元年(1912年)入門。
師は二代目談洲楼燕枝。(この人あまり名は知られていないが、
初代快楽亭ブラック師の弟子筋のよう。)1917年(大正6年)春風亭
柳枝門下で真打。戦後昭和31年(1956年)に68歳で亡くなっている。
wiki他)志ん生師の少し上で昭和の落語家の中では気持ち上で、
亡くなったのが早いということになる。

「野ざらし」は三代目円遊から弟子の四代目円遊に受け継がれ
釣りの場面がさらに明るくなり、今の形に近づいたという。
(「集成」解説・興津要

三代目柳好師は、戦前からある程度売れていたようなので
この四代目円遊のものを受け継いでいるのであろう。

 

つづく