浅草在住、断腸亭錠志の断腸亭料理日記はてな版です。(内容は本店と同じです。)
断腸亭料理日記本店
 

仲御徒町・やきとん ま~ちゃん

f:id:dancyotei:20200121011438g:plain
1月19日(日)第2食

さて、日曜日。

やきとん[ま~ちゃん]。

ちょっと久しぶりかもしれぬ。

やきとんというと、気分的には夏、なのだが、
今日は煮込みが目当て。

場所は仲御徒町
御徒町公園の南。

土日もやっており、ありがたい。
それも、16時から。

開店を目がけて自転車で出る。

数分早かった。
待っている人も一組。

夏場であれば、開店同時に満席になるくらいだが、
さすがにこの季節、そこまでではない。

ご主人が赤い提灯を出した。

暖簾が出て、開店。
中へ招き入れてくれる。

カウンターの一番奥へ。

座って、レモンサワー。

目当ての煮込み、やきとんを含めて、バラバラっと頼む。

白菜漬け。

やきとんはレバから。

塩。
うまい。鮮度と焼き具合であろう。
これは、プロの技。

ハラミ。

薄めのたれ。
柔らかい。

目当ての、煮込み、玉子付き。

豆腐も入っている。
ノーマルな煮込みだと思うが、うまい。

これはここでは必ず頼む、肉巻きトマトチーズのせ。

ほぼトマト焼き。
アツアツのトマトというのは、これほどうまいのか、
というのを気付かされたものである。

ここから二回戦。

タン。

これは塩。
豚のタンというのも、うまい。
中が柔らかく、外がカリ。
レバもそうだが、炭の遠赤で焼かなければ、この食感には
ならない。
自宅ではむずかしい。

うなぎやはガスのところも少なくないが、
やきとんやは、炭のところが多い。
値段がこんなにちがうのに、で、ある。
炭火でなければ、うまいやきとんは焼けないのである。

シロとシロコロ。

なにかほぼ同じものを頼んでしまった。
違いは、裏側に多少脂が付いているかいないか。

玉ねぎ。

焼き玉ねぎもまた、あまくてうまい。

これも、ここでは頼まねば。

豚ばら
辛味のちょっとある、甘味噌。
福岡、博多の焼鳥やには、必ず豚ばらがあって、
こんな味噌であっのではなかろうか。
これ、うまい。

椎茸。

石づきもはさんで焼いてある。
塩だけ、だと思うが、これもまた、うまい。
ただ焼いただけの椎茸も、これほどなのである。

最後、つくね、生ピーマン付き。

豚つくね。
つくねは塩だが、生のピーマンと一緒に出す。
もちろん、希望すればである。

ピーマンは特にかわったものではないと思う。
まあ、苦くはないのだが。
さっぱり食えるということになるのか。
不思議なようだが、なかなかよい。

こんなところで終了。

随分と食べた。

やはり、技の店、で、ある。

ご馳走様でした。
うまかった。

二人で、7,500円也。

こんなところであろう。

 

 


台東区台東4丁目6-1
TEL 03-3835-1758