浅草在住、断腸亭錠志の断腸亭料理日記はてな版です。(内容は本店と同じです。)
断腸亭料理日記本店
 

矢来町・仏料理・ブラッスリー・グー

9月2日(金)


9月に入った。一時期ほどの日差しの強さはないが、
依然として、暑さは続いている。


前回はパーティーであった。


ランチも相変わらずの人気である。
13:00前。運良くあいていた。


さて、今日は何にしようか。
黒板から、


前菜は、エスカルゴ・ブルゴーニュ風。
これは、ここでは初めてである。


そして、主菜は、、、?


仔牛のカツレツ、は、どうかな。


今日も、同僚三人できた。
何度か来ているが、一人がかなりのフランスパン好きである。
うまいうまいと、どんど頼む。


エスカルゴ。



オーブンで焼かれているのであろう、小さめの耐熱皿(ココット?)入りである。
貝に入っているのではない。6個丸く並べられ、上に、
パセリ、焼いた、フランスパン。
さらに、アーモンドスライスがトッピングされている。
ガーリックバターのよい香りがしている。
下にはヒタヒタに、ソース。


ガーリックバターのソースであるが、これがまた、うまい。
これはもう、バクバクとパンを食べてしまう。


うまい、うまい。


主菜


仔牛のカツレツ。






本当に、筆者のメニューチョイスは、変化がない。
前の日記を見ていたら、前々回にも、食べていた。


前回は、赤ワインのソースであったが
今日は、トマトベースのソースである。


同じメニューでも、同じソースが何回も出てこない、
と、いうのも、この店の特徴であろう。


付け合せは、カツレツの下に、お得意のキャベツ、マッシュポテト、
にんじんクラッセブロッコリー


カツレツの方は前回と同じく、
チーズの風味が衣にしっかりと付いており、味は濃い目。


これがまた、濃い味好みの、筆者には、よい。
またまた、パンをバクバク。


お店の、パンを食べ尽くしてしまったかのようであった。
ここ、フランスパンは、焼いて出されているが、
この、焼くスピードが間に合わなくなってしまっていた
ようであった。


申し訳ございません。
今日も、ほんとうに、うまかったです。




エスカルゴのブルゴーニュ風のブルゴーニュ風とは、
上のような、ガーリックバターのソースのものを、いうようである。
(肉料理などの場合は、ブルゴーニュ地方のワイン(主として赤)で
煮込まれた料理のことをいうらしい。)
フランス料理用語集
また、バターに、にんにく、エシャロット、パセリみじん切りが入れたものが
ブルゴーニュバター、と、呼ばれている。




地図






※訂正
昨日配信の、甘鯛一夜干し、読者の方から、ご指摘があり、
甘鯛の一夜干しの別名、興津鯛、のことを、キアマダイ、である、
と書きましたが、本来は、シロアマダイのこと、が正解でした。
詳細は、前ページに加筆しました。






『募集』
「断腸亭に食わせたい店、もの」、随時、大募集。
あなたのお勧め、ご紹介いただければ、うれしく思います。
その他、ご感想、ファンメール(?)も是非!!