浅草在住、断腸亭錠志の断腸亭料理日記はてな版です。(内容は本店と同じです。)
断腸亭料理日記本店
 

柱わさびと佃煮

f:id:dancyotei:20200604002649g:plain
6月2日(火)第二食

さて、柱わさび、で、ある。

先日、小柱が吉池に見当たらず、あきらめていたが、
あった。

たまたま切れていただけだったのかもしれぬ。

北海道産のものではなく、三重産。

だが、一枚680円。
安くない。

吉池には、もっと安い千葉産があった。
半分くらいではなかったか。

仕方ない。
二枚。

なにか野菜と思い、地下へ降りて、佃煮に目がとまった。

あれ?。
ここは、以前から、浅草[鮒金]のものを置いていた。

それが変わっている。
パッケージはほぼ同じなのだが、シールの名前が違う。

そうである[鮒金]は少し前に店を閉めていた。
かわりに[湯蓋]としてある。

これユブタと読むが、見たことがある。
元浅草の拙亭から左衛門橋通りを北上、浅草通りも越えて
合羽橋本通りの交差点の角に新しくできていた。

かわったのか。

やき蛤という串のもの。
それから、いつも買うきゃらぶき

帰宅。

小柱。

佃煮。

昨日、レバニラにしたニラがまだ一把残ってたので
これをゆでて、おひたしに。

柱わさび用に生わさびをおろす。

柱わさびには、もみ海苔を細く切ってのせる。

佃煮は出すだけ。

柱わさびのアップ。

柱わさびというのは、まあ、これだけ。
小柱をわさびじょうゆで食べるというもの。

そもそもは、今はなき、池之端[藪蕎麦]

のメニューであった。他では見たことがない。
私は、やたらと気に入って、よくつまんでいた。

まあ、大きなもので今日のような内地の小粒のもの
ではない。
だが、とにもかくにも、味もさることながら、
乙というのか、粋なものであると。
料理というほどのことはなく、そのまま。
これが、池波先生が書いていたような“江戸好み”の
ように感じられた、のである。

ビールを開けて食べる。

柱わさびは、やはり大粒のものにはかなわないが、
やはり、うまいし、乙である。

そもそも、これを食べようと思ったのは、
本わさびがあったから。

柱わさび、本わさびだから、よい、というものでもある。

佃煮。
やき蛤というが、まあ、それほど濃い味ではないが、
見た通り佃煮。
これもなかなか、乙、で、ある。

きゃらぶき
これも佃煮では定番である。

野菜の佃煮では、葉唐辛子とこれが、私は好物。
冷蔵庫にはかなりの確率で置いてある。

うまいものである。

この佃煮の[湯葢]、[鮒金]で働いていた方が
閉店に伴って、新規開業されたよう。
ご近所でもあり、今度のぞいてみよう。

さて、ビールを呑み終わり、こんなのも考えた。

小柱の手巻き。

ご飯は酢飯ではなく、急に思いついたので、冷凍飯を
レンジで温めたもの。

やはり酢飯の方がよりうまかったかもしれぬが、
これでも十分。

鮨にする場合、小柱は軍艦にする。
軍艦なので、そう古くからあるものではなさそうである。

だが、海苔に合う。
そして、やっぱり本わさび。
これは欠くことができなだろう。

さて、小柱、まだある。

やっぱり残りはかき揚げにしなくては。

果たして、うまくできるのか。
乞うご期待!。

 


佃煮処湯蓋
台東区北上野2-1-1
TEL:03-6231-6550