浅草在住、断腸亭錠志の断腸亭料理日記はてな版です。(内容は本店と同じです。)
断腸亭料理日記本店
 

酢の物

f:id:dancyotei:20200330090154g:plain
3月27日(金)第二食

酢の物が食べたくなった。

きゅうりとわかめ。

最も一般的なもの。

自分ではあまり作らない。

先日も食べたが酢味噌和え、とくにねぎと魚介類を使った、
ぬたは好きでよく作る。

やはり酸味が強いものが苦手、ということである。

日本人の男性は舌の酸味を感じる味蕾の数が多く、
より感じやすく、苦手な人が多いと聞いたことがある。

黒酢ではないノーマルな酢豚なども
私はどちらかといえば苦手である。

だが、暖かくなって、爽やかなものが食べたくなった
ということであろう。

材料。
わかめは塩蔵ものがある。

きゅうりを買えばよいか。

あとはなにか、魚介類。
やっぱりきゅうりとわかめだけではさびしい。

出たついでに、吉池に寄る。

鰹、生鰹節(なまりぶし)などはどうかとも
考えてきた。

鰹は生が並んでいる。
1パック一匹の1/4だが、こんなにあっても持て余す。

たたきのようなものでも、、

売り場を見ていると、ぶりのたたき、なるものが
あった。サクになっているもの。

ぶりというよりは、サイズはいなだくらいかもしれぬが、
表面を炙ったもの。

今、ぶりという魚は刺身、切り身など、かなり多く出回っている
のではなかろうか。

もちろん養殖ものも昔からあるし、
温暖化からか、東日本、東北、北海道でも獲れるようになり
富山などの、以前は本場と言われていたところ以外からも
多く入ってきているように見える。

ぶりよりは小さいサイズのものも多く、脂ののりも今一つ。

やはり、いなだ程度の大きさで脂がのっていないものは
あまり食指は動かないし、値段も安かろう。
刺身にしても、焼いても煮てもイマイチ。

このたたきは、ぽん酢しょうゆが付いているよう。
表面を炙って、たたき、というのは、よいかもしれぬ。

ぶりを炙ったたたきは、まだそう一般的ではないだろう。

鰹のたたきだとパックのものはどうしても生ぐさくなりがちだが
ぶり系であればそこまでではないかもしれぬ。

あとは地下できゅうりを一本買って、帰宅。

作る、というほどのことはないが、
まずはきゅうりを半部ほど薄切り。

ボールで塩もみ。ちょっと多めに塩。

塩蔵のわかめは、別のボールに水を張り漬けておく。

きゅうりがしんなりしたら、水洗い。

一枚食べてみる。
まだ塩がきついので、わかめと一緒に、
新しい水に換え、漬けておく。

30分ほど置いておく。

わかめも塩が抜け、もどっている。
きゅうりもOK。

わかめは大きなものもあるので、一口に切り、
きゅうりとともに、ペーパータオルでよく
水気を取る。

ぶりのたたきは、刺身包丁で切る。
表面は火が入っているが、切ると、中は生。

酢は、例の赤酢を使ってみよう。
赤酢には、甘みというのか、旨味があるので
赤酢オンリーにしてみるか。

盛り付け、赤酢のみを入れる。

ビールを開けて、食べる。

やはりこのぶりは脂はない。
こうして、たたきを酢の物で食べるのはあり。
さっぱりして、うまい。

酢の塩梅。
やはり赤酢だけだとちょっと味が足らない。

一般にノーマルな酢の物は砂糖を入れた甘酢を使う。
私は、甘すぎるのは苦手。
さっぱりとしたい。
透明な酢を使っても砂糖は入れてもかなり控えめにする。

赤酢でいけるかとも思ったが、さすがにもの足らない。

だが、ここは砂糖ではなく、しょうゆ。

どうしても甘くしたくない。

とはいってもほんの一たらし。

OK。

うん。

これでもよいのだが、やっぱり、気持ち砂糖、
でよかったか。

赤酢で作った、ぶりのたたき、きゅうり、わかめの
酢の物、ま、そこそこ、であった。