浅草在住、断腸亭錠志の断腸亭料理日記はてな版です。(内容は本店と同じです。)
断腸亭料理日記本店
 

オムライス

f:id:dancyotei:20200127002022g:plain
1月25日(土)第三食~

さて。

オムライスが食べたくなった。

好物のチキンライスでもよいのだが、
今日は、特にオムライス。
とにかく、オムライス、で、ある。
理由はよくわからない。

昼間、玉子と玉ねぎが切れていたのでこれら。
それからマッシュルーム、鶏肉を買っておく。

作り始めたのは、夜、遅い時刻。

飯は冷凍。オムライス二人前程度の量。

玉ねぎを、小さいので一個、みじん切り。
マッシュルーム、三個ほどスライス。
鶏肉は、さいころ大に切っておく。

フライパンに油を敷いて、玉ねぎみじん切り。

炒める。

次に、鶏肉。

火を通して、マッシュルームも投入。

塩胡椒で下味。

ブランデー。
注いで、フランベ!。

フランベ、というほど火は出なかった、、。
(上部、ちょっとだけ、炎が写っているが。)

ご飯を用意。

レンジで冷凍から熱くする。

熱くなったら、ご飯投入。

よくほぐし、ケチャップ。

混ぜ込み、チキンライスの出来上がり。

この夜は、このまま食べてしまう。

翌日。

第一食、昼。

まだ残っているチキンライスを温めて
オムライスを作る。

これ、私の、最大の弱点。
まさに鬼門中の鬼門である。

これは実にオムライスに限らない。

玉子料理全般、駄目である。
オムレツ、出汁巻き玉子、焼いたものではない、
茶碗蒸し、まで、苦手。

オムライスはプロは、玉子焼きの丸いシート状のものを
フライパンで焼いて、ここにチキンライスをのせて
トントンと叩いて、巻いたりする。
こんなのは、むろん遥か遠く及ばない。

お皿にのせておいて、フライパンをひっくり返して
のせる=包む、であれば、なんとかできることもある。

と、いうことで、まずは玉子を三個割りほぐし、
ちょいとマヨネーズも入れる。

マヨネーズは味付けと油が入るとうまく焼ける。?
よくわからぬが。

フライパンにバター。

玉子を投入。

焼けてきた。

別のフライパンに用意していたチキンライスの上に、
ひっくり返して、のせる、、、、
つもりが、貼りついたままとれず、無残にも
ガス台の上に、焼いた玉子が落っこちてしまった。
嗚呼。

が、お気付きであろうか。
これ、チキンライスを置いておくのは、皿でなければ
いけなかった。成功していたとしても、再度このまま
皿に移さねばならなかったではないか。

再度。
玉子を作り、チキンライス、


今度は、皿の上に、落とす。

前回は、うまくフライパンから離れなかった。
玉子の周りを菜箸で剥がし、フライパンを
ひっくり返す。

ギャッ!

真っ直ぐ落ちず、一部分のみ。
無理やり剥がすと、、、切れてしまった。

あ~あ、もうだめだ。

今日は、あきらめ。
ケチャップだけはかける。

まあ、味は、オムライス。

負け惜しみにもなっていないのだが、
ちっとも上手くならないのは、元来オムライス
オムレツはそう好物ではない。
チキンライスは好物でよく作るが、年一回も
オムライスは作らない。
つまり挑戦する回数がほとんどないのである。
ちなみに、出汁巻きも同様。

そんなこんなで、とんだテイタラク
オムライス、で、あった。