浅草在住、断腸亭錠志の断腸亭料理日記はてな版です。(内容は本店と同じです。)
断腸亭料理日記本店
 

2020歌舞伎座初芝居昼 その1

f:id:dancyotei:20200104161945g:plain

1月3日(金)

さて、今年の初芝居。

今年も歌舞伎座と国立の二か所に行くことにした。
歌舞伎座は三日の昼。
国立は昼のみで、五日。

歌舞伎座の昼を選んだのは私の好きな黙阿弥の「河内山」が
あったから。

11時開演なので、9時半、着物を着て出かける。
いつもの青緑のお召し風紬にトンビのコート、マフラー。
白足袋に竹皮表の雪駄
銀座線で稲荷町から銀座。

三越も開店前、木挽町[辨松]も休み。
弁当は中で買うことにする。


地下の売店カツサンドを購入。

今日の席は、1階花道脇の前ブロックだが、最後方。
売り出しすぐにネットで買ったが、さすがに正月、
なかなかよい席は取れなかった。

演目と配役を例によって写しておく。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
昼の部
中内蝶二 作
今井豊茂 脚本
一、醍醐の花見(だいごのはなみ)

    豊臣秀吉 梅玉
      淀殿 福助
    石田三成 勘九郎
 智仁親王北の方 七之助
 曽呂利新左衛門 種之助
    大野治房 鷹之資
    智仁親王 芝翫
    北の政所 魁春

二、奥州安達原(おうしゅうあだちがはら)
袖萩祭文

    安倍貞任 芝翫
    安倍宗任 勘九郎
  八幡太郎義家 七之助
      浜夕 笑三郎
   平傔仗直方 東蔵
      袖萩 雀右衛門

福地桜痴
三、新歌舞伎十八番の内 素襖落(すおうおとし)

    太郎冠者 吉右衛門
     大名某 又五郎
  太刀持鈍太郎 種之助
    次郎冠者 鷹之資
     三郎吾 吉之丞
     姫御寮 雀右衛門

河竹黙阿弥
天衣紛上野初花
四、河内山(こうちやま)
松江邸広間より玄関先まで

   河内山宗俊 白鸚
   松江出雲守 芝翫
    宮崎数馬 高麗蔵
    腰元浪路 笑也
    北村大膳 錦吾
  高木小左衛門 歌六

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

正月なので、一つのお話を最初から最後まで演る通し、
ではなく、様々な芝居のいいところだけ演る、見取り狂言

四番構成。
一番目「醍醐の花見」は舞踊劇といっている。

慶長3年(1598年)秀吉の晩年といってよい頃の京伏見の
醍醐寺で行われた花見が題材であるが、これはお話らしい
お話はない。

桜満開の舞台にお堂の大きな建物とその下に床几。
秀吉がいて、北政所智仁親王智仁親王北の方、淀殿
石田三成などが登場し、それぞれ、舞い踊る。

ちなみに智仁親王というのは、かの桂離宮を作った人。

初演は大正10年(1921年)、歌舞伎ではなく長唄の会。
これを2年前に歌舞伎座で改作をしかけられたものが
もとになっているとのこと。

魁春勘九郎七之助あたりが下の床几前で踊る。
難しいこともなく、正月らしい華やかな舞台でよい。

倒れて、昨年舞台復帰を果たした福助淀殿
ただ、淀殿は、智仁親王芝翫と並んで、
幕開き後も堂上簾内(みすうち)。板付きといってよい
のであろう。

淀殿の立場、身分として秀吉は堂の下で、淀殿は堂の上で、
かつ簾内というのは、不自然な印象を否めない。

やはり、舞うのはもちろん、歩くのも困難なのか。
また、少ないが台詞もあるが、発音も少し難しそう。
残念である。

幕間に弁当。
大阪新世界の洋食やグリル[梵(ぼん)]の牛ヘレカツサンド

有名店であるが、なぜ歌舞伎座地下の売店に入っているのか。
ヒレカツサンドは、東京では珍しい。

さて、二番目。「奥州安達原」の「袖萩祭文(そではぎさいもん)」
これは17年11月、歌舞伎座で一度観ていた。

芝居の背景、初演などの詳細、考察は前に書いたものを
ご参照されたい。

主役は安倍貞任芝翫
芝翫という役者は、数年前、橋之助から襲名している。
イケメンで、奥さんはご存知の三田寛子さん。
大河「毛利元就」を演っていたり、TVタレント、俳優としては
私は好きな人である。
襲名中に、京都の芸妓さんとのスキャンダルなど出ている。
芝居にしても、この時の対応などどうも軽い印象が強かった。
だがやっと、というべきか、貞任はちょっと重みが出てきた。
(ちょっと太った?。)座頭役者としての重み、存在感は、
巧まずに出てこなければいけない。観客にはわかってしまう。
この人の場合、襲名興行も観たが、はったりというのか、
巧んでいるのが見えてしまってると感じるのであった。
今回それが多少よくなった、と。

今はこの人よりも年長の大看板の役者から、代替わりの
時代だといってよいのだろう。言葉はよくないが端境期、のような。
その上、兄の福助も倒れ、50代は少ない。これからの歌舞伎界で
年代的にもこの人が、看板を背負わなければどうしたって、
いけなかろう。健闘、精進を期待したい。

 

 

つづく