浅草在住、断腸亭錠志の断腸亭料理日記はてな版です。(内容は本店と同じです。)
断腸亭料理日記本店
 

日暮里・路麺・一由そば

f:id:dancyotei:20191217011715g:plain
12月17日(月)第一食

さて、久しぶりに、路麺、立ち喰いそば、で、ある。

拙亭至近の路麺、小島町[アヅマ]

が閉店してしまってから、なかなか、ちょいと食べる、と
いうことが、できなくなってしまった。

路麺、路麺と書いているが、ちっとも広がらないので、
もうやめようか。
まあ、よい。
路麺。

「立ち喰いそば」では、チェーンが入ってしまう。

個人営業の立ち喰いそば店を、私は“路麺”と呼んでいるのである。
チェーンと個人営業とは、似て非なるもの。
まるで違う。
それで、区別をしたいのであった。

なにが違うのか。
個人営業だと、個性がある。
注文の度に揚げる天ぷら、ゆで立てはもちろん自家製麺
などなど。

“路麺”にある程度共通するのは、天ぷらの種類の多さ。
中でも、特筆されるのは、喬太郎師も名作枕で語っているが、
コロッケとソーセージ天。

昭和の香り漂わせる“路麺”にはかなりの確率で
揃えているメニューである。
そばにのせるものとして、コロッケ、というのは、
喬太郎師も、いったい誰が考えたのか?、といっているが
コロッケをそばにのせますか?というもの。
また、ソーセージ天というのは、魚肉ソーセージの天ぷら。
魚肉ソーセージを天ぷらにする、というのも
今となってはかなり妙なものである。

今回、どうしても食べたくなり、どこか知らないところが
ないものか、と探してみて見つけたのが、日暮里の
[一由(いちよし)]というところ。

あー、ここ!。
メディアでも取り上げられたことがあったのでは?!。

行ったことがなかったのは、迂闊であった。
行かねば!、である。
“路麺”であれば、山手線の一つ先、田端の[かしやま]まで
行っているではないか。

拙亭からはやはり、自転車で30分かからない。

鶯谷までは台東区、日暮里から荒川区
やはり少し街の雰囲気が変わる。

日暮里からというよりは、根岸(鶯谷)あたりから
といった方がよいか。

さかのぼれば、江戸期。
根岸から、江戸郊外。
根岸は田んぼ風景、大店の寮、別荘が点在し、
文人墨客の隠れ住む、風雅な里。
日暮里も、ニッポリと読むが、本当の意味は、ひぐれ(の)さと。
風流な名前であったのである。

現代でいえば、日暮里から本当の下町感が始まる、というのか。

だが、まあ、日暮里も舎人ライナーの開通、駅前の再開発、で
大きく変わってはいる。

[一由そば]は、その駅前の再開発ビルの裏路地。

なんと24時間営業。
個人営業の“路麺”で24時間営業は聞いたことがない。

着いたのは、昼前。
ほぼ満員。

下調べによると、看板はゲソ天と紅ショウガ天のよう。
また、天ぷらは半分、ハーフというのもある、のが特徴。

カウンターのみで、なかなか狭い。
自販機ではなく、直接お兄さんに注文。

ん?。
そのお兄さんのいる注文スペースに、牡蠣天100円也も発見。

ゲソ天と紅ショウガ天ハーフに、牡蠣も一つ。
これで、510円也。
格安であろう。

これ。

ゲソ天はかき揚げ。
かなりカリっと揚げられている。

フニャ、ボテも私は嫌いではないのだが、ここの天ぷらは
このタイプのよう。

カリっ、なのでゲソの食感がバツグン。

牡蠣天も、上々。

そばはゆでおき。
これも“路麺”としては普通であり、なんら
マイナスポイントではない。むしろ、うまい。

つゆは、ちょっと、薄め、かもしれない。

カウンターには、お約束のこれ。

“路麺”には(魚肉)ソーセージ天は、欠かせないではないか。

紅ショウガ天。

これ、実は私初めて。
正直のところ、紅ショウガは、あまり得意ではない。
ソース焼きそばや、博多ラーメンに入っているとよける。
(なぜだか、ヨシギュウでは、たくさんは入れないが、
やはり欠かせない、のだが。)

なぜだか、荒川区、北区あたりに多いのではなかろうか。
紅ショウガ天。
三ノ輪、王子、赤羽、、、?。

ほう、こういうものか。
酢漬けなので、酸っぱいまま天ぷらになっているのね!。
当たり前か。
従って、つゆが酸っぱくなる、、、。
次は、入れないかも。

ともあれ。

ここ、日暮里駅前裏路地にあった、活気のある昭和の“路麺”。
まだまだ、元気で続きそう。うれしくなった。

 


一由そば

荒川区西日暮里2-26-8
03-3806-6669