浅草在住、断腸亭錠志の断腸亭料理日記はてな版です。(内容は本店と同じです。)
断腸亭料理日記本店
 

市ヶ谷・仏料理・グローブ・デュ・モンド


5月11日(水)昼


さて、久しぶりに、グローブ・デュ・モンドである。


前回


場所は、市ヶ谷。市谷ではなく市ヶ谷。
と、また、筆者の地名談義であるが、町名としては、市谷が正しく、
駅名は、市ヶ谷である。そして、市ヶ谷駅は、新宿区市谷ではなく、
千代田区。そして、このグローブ・デュ・モンドは、町名は九段北。
市ヶ谷駅からは、JR沿いに飯田橋方向へしばらく行ったところ。
筆者のオフィス、市谷・牛込界隈からは、新見附で外濠を渡る。


江戸の頃(このころはまだ、新見附は、ない。)


ランチでもちょっと、遅い時間。
13:00近い。


そろそろ、空き始める頃である。
二組ほど、待っている人もいるが、5分程度で
カウンターに座れる。


今日は、前菜付きの¥1500のセットにしてみよう。
(¥1000は前菜なしである。)


メニューを見ると、
フォアグラのソテーが、ある。
これが前菜。


メインは、うずらのロースト。
これでいこう。


カウンターに座ると、シェフの動きがそのまま見える。
無口で、ちょっと、怖そうな、仕事振り。


さてさて、フォアグラである。



盛り付けもきれいである。
下に、サニーレタス、エンダイブ、ベビーリーフ(デトロイト
中央に紫色の筋の入っているもの。)トレビッツ
(紫キャベツに似たもの)など。
また、くるみも混ぜ込まれている。
上に、ソテーされたフォアグラ、そして、こんがり焼かれたラスク、
ゆで卵のみじん切りが散らされている。
ドレッシングは、バルサミコベースで若干の甘みもある。
(例のビーツが入っているのかも知れない。)


フォアグラがうまいことは、書くまでもない。
香ばしく焼かれ、プリプリとし、こってりとした脂。


うずらのロースト、マスタードクリームソース。



人によっては、鳥の形がそのままであるのに、
抵抗があるかもしれない。


付け合せは、新じゃが、スナックエンドウブロッコリー
カリフラワーなど。どれも、うまい。
ブラッスリー・グーなどもそうであるが、
付け合せの野菜がうまいところは、なにか、
信用できるような気がするのである。


うずらは、薄い皮がパリッと焼かれ、香ばしく、
肉はちょっと、血の味がし、うまい。
骨までしゃぶってしまった。



コーヒー。デザートは、フルーツののった、クリームチーズのタルト、
チョコレートのムース、チーズケーキ、クレームブリュレ、と、
盛りだくさん。



これで、¥1500は、格安といわずして、なんであろうか。


〒102-0073東京都千代田区九段北4-3-17 明君モナーク九段101

03-3221-6009

ぐるなび




『募集』
「断腸亭に食わせたい店、もの」、随時、大募集。
あなたのお勧め、ご紹介いただければ、うれしく思います。
その他、ご感想、ファンメール(?)も是非!!