浅草在住、断腸亭錠志の断腸亭料理日記はてな版です。(内容は本店と同じです。)
断腸亭料理日記本店
 

矢来町・仏料理・ブラッスリー・グー2005・1

1月11日(火)昼食
ここへも、年始回り、である。


年明け、最初の、牛込ビストロランチは、やはり、ここ
ブラッスリー・グー、しかないであろう。


今日は、時間をずらして、、、と、いうよりは、
出遅れてしまった、といった方が、正直である。


12:30を過ぎていた。


ほぼ、満席。


かろうじて、一席確保でき、座る。


正月早々であるが、相変わらず、盛況で結構である。


トライしたメニューも、ほぼ、一回りしたようである。


前菜は、サーモンのマリネ、
主菜は、鴨のコンフィ、で、いってみる。
この取り合わせ、前の日記を見てみると、まったく同じものを
10/1に食べていた。


考えることは、人間、そうそう変わらない、と、いうことであろうか。


メニュー内容で、10/1と変わった、点。


サーモンマリネである。
オリーブオイルベースの、マリネである。


前回は、書いていないが、サーモンの身がとてもしっかりしている。
プリプリしている、という言い方が適切であろうか。
素材の品質についても、神経を使われているのであろう。


また、もっと、大きな点。
前回は、レモン風味であったのであるが、
今回は、微かな辛味が、あること。
かかっているドレッシングをよく見ると、細かい赤唐辛子の破片がある。
酸味はもちろんあるのだが、それに、ほんの少し、
辛味を加えた、という形であろう。
細かい技である。


鴨のコンフィ。


低温で揚げ煮、された鴨の足に、
酸味の強い、粒マスタードソースがけ、である。


付け合せは、マッシュポテト、キャベツ、ヤングコーンなど。


体調のせいかも知れぬが、酸味が強いような気はするが、
ほぼ、変わりなし。


鴨を酸味の強いソースで食べる、と、いうのは、
どういう意図、なのであろうか。


やはり、脂の多いものであるから、酸味で中和し、
さっぱりと、食べられる、ということであろうか。


毎度のことであるが、付け合せまで、実にうまい。


ことに、今日は、ヤングコーンが、うまかったのであるが、
これ、生なのではなかろうか。
(生、は、結構、出回っているのであろうか・・・。)


ヤングコーンというと、サラダなどに、なんとなく入っているもの、
=缶詰(水煮)、と、勝手に思い込んでいた。


食感が、とてもしっかりしており、味も、
とうもろこし、らしい、香ばしさのようなものが、きちんとあった。


生か、調理法の違いなのか、わからぬが、
漫然と、ヤングコーンが置かれていない。
こういうところが、違うのである。


おそるべし、ブラッスリー・グー。


今年もよろしくお願いします。



地図