浅草在住、断腸亭錠志の断腸亭料理日記はてな版です。(内容は本店と同じです。)

断腸亭料理日記本店



池波正太郎レシピ

猿楽町・蕎麦・松翁

10月1日(木)夜 夜。 随分と久しぶりであるが、 猿楽町の蕎麦や[松翁]へいってみようと 考えた。 池波レシピ、である。 水道橋か神保町が最寄であろうが、 どこからも遠いので、ちょいと寄ってみる ということにならず、なかなかこれない。 いつも“趣味そ…

上野・洋食・ぽん多本家

7月22日(水)夜 今夜は上野の洋食・とんかつや[ぽん多本家]へ 行きたくなった。 [蓬莱屋][井泉]を入れた上野のとんかつ御三家の中では、 一番落ち着いたイメージ。 そして、とんかつが看板ではあるが、ここのメニュー名はカツレツで 今も洋食や、を、…

生玉子のぶっかけ蕎麦〜小柱かき揚げ その1

6月13日(土)第一食 さて、土曜日。生玉子をかけたそばが食べたくなった。この季節なので、冷たいもの。以前にやってみたことがあるのだが、 ざるそばのざるに玉子をかける、という食べ方。これは一般的な食べ方ではないと思うのだが、うまい。そして実はこ…

蕎麦・並木藪

3月16日(月)夜 さて。 栃木県から、東武のスペーシアで浅草まで帰ってきた。 多少早めなので、久しぶりに並木の[藪蕎麦」に寄ろうか。 実は、今日はこの前の[弁天山美家古寿司] を覗いてみようかとも思ったのだが、月曜は定休であった。 それで、並木の…

蛤の湯豆腐

1月25日(日)夜 さて。 蛤の湯豆腐、で、ある。 これは池波レシピ。 名前は、正確には「蛤を入れた湯豆腐」なのだろう。 出典は「食卓の情景」。 これは、なにかのテーマで書かれたエッセイではなく、 先生の日記部分である。 「蛤を入れた湯豆腐」と冷酒を…

鴨鍋

1月10日(土)夜 大方の皆さんは同様だと思うのが、 正月休みが終わったらまたすぐに成人式の連休で、 せっかく作った仕事の調子がまたダラケモードになってしまう。 まったくもって困ったものである。 寒いのでどこへも出かけない。 昼間っから、呑んでゴロ…

煮た沙魚(はぜ)

間があいてしまった。 その間に食べたものを少し書いてみる。 まずは、まだ仕事始め一週目。 1月7日(水)。 仕事帰り、御徒町の吉池に寄ってみた。 ん!。 沙魚(はぜ)がある。 三重県産。 大きい。 この時期は落ち沙魚。 冬の味覚、で、ある。 これは買わ…

蕎麦・神田まつや

1月4日(日)夕16時、半蔵門。 歌舞伎がはねて、さて、どうしようか。どこかにちょいと寄って行こうか。芝居の合間に、なんだかんだ食べてしまったので 蕎麦ぐらいがよいだろう。いつもの帰り道、神田須田町の[まつや]にしよう。正月も毎度のことながら、ず…

浦里 その2

引き続き、浦里だが、、、。池波先生の通っていた昭和ヒトケタ〜10数年の頃の 吉原、で、ある。 どんなふうであったのか。 これを考えている。これが戦後となるとまた、イメージは実は、ある。空襲で吉原も焼けて、いわゆる赤線という ことになるのであろう…

浦里 その1

12月14日(日)第一食さて、日曜日、第一食。昨夜、スープカレー用に飯を炊いたのがある。これで簡単に飯にしようか。内儀(かみ)さんが買った大根が一本まだある。おかずは、おろし。それも『浦里(うらさと)』にしてみようか。浦里というのは、池波レシ…

神田須田町・あんこう鍋・いせ源 その2

引き続き、12月6日(日)夜。 神田須田町の[いせ源]。 玄関で準備が整うのを待って、上がる。 この時、下足札をぴかぴか禿げ頭の親爺さんから受け取る。 この下足札には番号が書いてある。 上がってお膳の上に置いておいて、この番号に 今風にいえば、チャ…

神田須田町・あんこう鍋・いせ源 その1

12月6日(日)夜 さて。 日曜日。 今日は内儀(かみ)さんのリクエストで あんこう鍋の[いせ源]へ行くことにした。 [いせ源]は神田須田町。 神田[藪蕎麦]やら同じく蕎麦の[まつや]、洋食の[松栄亭] 軍鶏鍋の[ぼたん]その他、戦災に焼け残った老…

鶏と大根の鍋

12月2日(火)夜そろそろ、そんな時期であろう。 なにかというと、鶏と大根の鍋、で、ある。 夏の頃からであったか、ついこの間まで大根は 随分高かったような気がするのだが、 このところ店頭では一本¥100なんという値段も 見かけるようになった。 そし…

真夏の鮎飯

8月4日(月)夜 さて。 鮎飯。 鮎飯といえば、池波レシピ。 エッセイだけでなく、鬼平などいろいろな 作品に登場する。おそらく、先生ご自身が大好きで あったのであろう。 そこで、私も作ってみたのだが、 苦い。 鮎飯の苦味問題勃発。 最初は魚やで簡単に…

白和え

6月29日(日)夜 日曜日。 昼下がり。 天気はよいが、蒸し暑い。 ただ、開け放っていれば、しのげないほどではない。 こんな時刻には、なにか作って一杯やろうか。 なににしようか。 冷蔵庫をのぞくと数日前に買って奴で食べた豆腐が 少しあまっている。 豆…

池の端藪蕎麦

6月13日(金)夜 さて。 一週間の終わり、金曜日。 今日は一日、オフィス。 早め、と、いっても定時(18時)すぎだが、に帰る。 (ちょっと平穏な一日。) 帰り道、池の端の[藪]蕎麦へ行こうと決めた。 それも、とろろ、あの店では、すいとろ、というが を…

蕎麦・室町砂場

6月11日(水)夜 今日は朝から大阪出張。 6時すぎ、東京駅まで戻ってきた。 大阪も曇ってはいたが、雨は降らず、 蒸し暑かった。 三島あたりからであったか、強い雨。 天気予報通りだが、東京も雨。 なにを食べようか、考えてきたのだが、 久しぶりに日本橋…

駒形どぜう

5月22日(木)夜 今日は一日、オフィス。 夕方から、なにを食べようか考えていて、 季節もよい、久しぶりに駒形のどぜうやへ行こうと思いついた。 決めたら、なんだかウキウキしてきた。 [駒形どぜう]は元浅草の拙亭から真っ直ぐ東、 隅田川の方へ歩いてい…

浅草・並木藪蕎麦

5月20日(火)夜 さて。並木の[藪蕎麦] 、で、あった。 並木、と、いうのは、昔の町名である。 今は、雷門二丁目。雷門の正面から真っ直ぐ南へ向かっている通りは駒形橋の 西詰めの交差点にぶつかるが、この通りが並木であった。 雷門から見てこの通りの右…

日本橋・洋食・たいめいけん

※昨日配信の[吉野鮨]、お勘定は7,500円の誤りでした。 お詫びして訂正いたします。 (まさかね。) 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 5月13日(火)夜 偶然だが、またまた、今日も日本橋。 珍しく、二日続き。 東京駅から高速バスで鹿島…

上野・“洋食”・ぽん多本家

4月9日(水)夜さて。今日は、上野の[ぽん多本家]へいく。[ぽん多本家]といえば、明治38年の創業で、 上野のとんかつご三家の一角。池波レシピでもあり、 むろん私もなん度もきているが、 今日は、とんかつが目当てではない。この前のアド街にも出ていた…

銀座・広東料理・楼蘭

4月5日(土)夜 東京の桜花もそろそろ終わり、かと思ったが、 それでも、散り始めながら、ウイークエンドまで なんとかもったようである。 この週末は、北海道から内儀(かみ)さんの母親がくる。 年に一度程度は東京に出てくるのだが、 この花見時分がやは…

白魚と豆腐の小鍋だて その2

さて。 引き続き、白魚。 小鍋だて、で、ある。 しかし、小鍋だて、という言葉はどうも魅力的な響きである。 池波先生が作った言葉ではなかろうが、人口に膾炙させたのは 先生の作品からではなかろうか。 小さな鍋で一人前の量。 旅館の料理で出てくる、固形…

白魚と豆腐の小鍋だて その1

3月31日(月)夜月曜日。桜花も咲いて、いよいよ、本格的な春、で、ある。今日思い付いたのは、白魚の小鍋だて。これは池波レシピ。池波レシピ、なのだが、作ったことはなかったのである。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 このとき利右衛門が手料理の白魚と豆腐…

蕎麦・神田・まつや

3月22日(土)夕 国立の芝居がはねて、さて、どこへいこうか。 半蔵門からの帰り道。 いつも寄るのは、神田須田町。 須田町には、古いよい店がたくさんある。 軍鶏鍋の[ぼたん] あんこう鍋の[いせ源]など。 今日は、軽く[まつや]でそばにしようか。 タ…

蛤の湯豆腐

3月4日(火)夜 今日は市谷のオフィスで仕事。 一日外に出ないと、寒いのか、そうでもないのか、 よくわからなかったが、日が暮れるとやはり寒い。 7時すぎ、オフィスを出る。 夕方からなにを食べようか、考えていたのだが、 蛤の湯豆腐、を、思いついた。 …

軍鶏鍋

2月14日(金)夜 先週末に引き続き、東京はまた雪。 今日は朝から降っており、通勤途中は道に積もり始めていたが 昼頃、少し暖かくなったのか、積もらない時間帯もあったが 3時、4時頃からまたまた積もり始めた。 会社でも、早く帰れ指令、が出始める。 私な…

宮ノ下・富士屋ホテル

引き続き、箱根。 宮ノ下の[富士屋ホテル]での昼飯。 メインダイニング「ザ・フジヤ」の椅子の刻印。 1878年明治11年創業。 ここも実は池波レシピ。 いや、このレストランだけではなく[富士屋ホテル]自体が エッセイ『よい匂いのする一夜』に書かれてい…

浅草・並木藪蕎麦・鴨なんばん

12月19日(水)夜 今日も栃木からの帰宅。 浅草に着いて、スペーシアを降りる。 6時すぎ。 よし、これならまた[並木藪]に行ける時間、で、ある。 冷たい雨が降っている。 傘を乗った駅に忘れてきてしまったことに 気が付いた。 エスカレーターを降りてキオ…

蛤の湯豆腐と里芋とねぎのふくめ煮

12月10日(火)夜 どうも、風邪が治らない。 7時すぎ、オフィスを出る。 寒気もするし頭も重い。 歩きながら考える。 温かいもの、、、。 作るのは面倒なので、蕎麦や?。 この間、池の端藪へいったので、今日は上野藪にでも いくか、、、。 ・・・!。 歩く…