浅草在住、断腸亭錠志の断腸亭料理日記はてな版です。
断腸亭料理日記本店
 

浅草・中華料理・ぼたん

f:id:dancyotei:20181111131508g:plain

先週は長々、書いてしまった。

書き始めた当初は、本当に結論はまったく見えていなかった。
鴻上先生の論を一つ一つ吟味しているうちに
日本人はそもそも、そういう気質を持っていたというのは
あまりに拙速で、考えずらい。意外に、近い時代に
そうなってきたのではと考えるようになっていったのである。
ある意味、消去法である。

それで、江戸か明治。
となると、江戸なのでは、と考えて、五人組と朱子学
というものを挙げてみたのである。
他にはないのか、あるのかもしれぬ。
前後の時代はどうだったのか。
明治は少し触れたが、戦国期、あるいは鎌倉室町期は
どうなのか、など吟味をしなければいけない。
そんな課題を持ちつつの仮説と考えいただければ
と思う。

と、いうことで、通常バージョン。

11月5日(月)夜

月曜日。

栃木から、いつものようにスペーシア
浅草まで戻ってきた。

今日はどうしても、中華[ぼたん]の
オムライスが食べたかった。

理由は、わからない。
ただ無性に食べたかった、のである。

[ぼたん]は東武浅草駅北側のガード脇の
今は三代目(と四代目?)とのことで、
創業は戦前であろうか。

中華であるが、初代の頃から「オムライス」は
あったらしい。中華というより食堂的存在で
あったとのこと。

さて。

今日は、店の前にここの住所について、ちょいと
書いてみたい。

ここは花川戸1-8-1。

まず現代の地図。

drive.google.com

 

続いて、明治。

東武線浅草駅開業前である。

で、なにかというと、花川戸という町名のことである。
なんであろうか、花川戸とは。

歌舞伎「助六縁江戸桜(すけろくゆかりのえどざくら)」。
通称“助六”。市川團十郎家の歌舞伎十八番
主人公助六の苗字。彼は花川戸助六という。

花川戸自体は江戸初期から既にあるようで、地名の方が先。

花川戸の町名由来は台東区によれば、

「町名の由は、はっきりしない。地名説の一つとして、
川や海に臨む地に「戸」を付けることが多いという。
花川の「戸」も隅田川に臨んでいたことにちなんだのだろう。
「花川」のほうは、並木の桜、あるいは対岸の墨堤に咲く桜
などの花と隅田川を結びつけて、この名が付された
と考えられる。」

はっきりしないと言いつつ、断言しているが、
ちょいとこの説、胡散臭いのではなかろうか。

花は文字通り、フラワーの花でよいのであろうか。
川はこの場所なので、隅田川=大川でよいのだろうが
隅田川の別名に「花川」というようのものが
あったのであれば、その花川のそば、という
意味合いであれば、うなづけると思うのだが。
そんな史料でもあるのか。あまり聞いたことはない。
墨堤の桜は江戸に入ってから、吉宗の時代からのはずである。

ここは奥州街道沿いで、江戸初期には既に集落が
あったことは間違いないようで、浅草寺そばでもあり
浅草寺の歴史から考えると、もっと古くから
あったとも考えられる。地名の文字は置き換わることは
通常よくあること。花(ハナ)はフラワーではない可能性を
考えてもよいかもしれぬ。ハナは突端という意味の、端
だとどうか。川の端、、、戸と重なるか、、、、。
まあ、由来不詳でよいか。

江戸の地図。

そんなわけで、江戸からずっと花川戸。
そして、こんなところまで、浅草寺の領地であった。

おっと。余談がすぎた。
町中華[ぼたん]。

カウンターに座って、ビール。

瓶ビールはもちろん、浅草らしくスーパードライ
お通しは、いつももやしのナムルのようなもの。

カウンターの向こうでオムライスができていくのを
眺める。
右側のご主人の受け持ち。
中華なので、中華鍋。
ご飯を炒め、ケチャップを入れ、炒め終わる。
溶き玉子を中華鍋に。広げて焼く。
焼けたら、中華鍋をひっくり返す。
手元は見えないのだが、皿のチキンライスの上へ
のせているよう。

完成。。

半熟ではなく、しっかり焼いた玉子。
私は、半熟もよいが、しっかり焼いた玉子の方が
好み。

アップ。

ラードで炒めたしっかり味のチキンライスが
下町の味。

バカウマ。

ボリュームもある。

腹一杯。

ご馳走様でした。

 


03-3841-5040
台東区花川戸1-8-1