浅草在住、断腸亭錠志の断腸亭料理日記はてな版です。
断腸亭料理日記本店
 

富山・ラーメン・麺屋いろは

11月2日(木)昼


木曜日、先週に引き続いて、
また、富山出張。


時刻も同じ。


「かがやき」で、12時32分、富山駅着。


先週は、駅前の回転寿司。


また同じ、という選択肢も
確かにあるのだが、富山といえばもう一つの
名物。


そう、ブラックラーメン。


聞けば、富山でラーメンといえば、
必ずしも黒いものではないらしく、
九州でラーメンといえばとんこつ、というのとも
違っているらしい。


ある限られた店が始めて、数系統に
広がっているということのよう。


私の地元浅草にも[だらんま]
という店があったのだが残念ながら、少し前に閉店
してしまった。


ブラックは富山市を始め、富山県内に数系統あるようだが、
富山で私が入ったことがあるのは二軒。


一軒は駅前のビルの地下にある[いろは]というところ。
ここは少し前からあって、東京のラーメンショー
などでもなん回もNo.1になっているチェーン。


そしてもう一軒は新幹線が開通して、


駅ビルの中に入っている西町[大喜]というところ。


特徴は皆、あたり前だが、黒いということ。


なぜ黒いのか。


別段、イカスミではない。


おそらく、しょうゆなのだと思うのだが、
よくわからない。


しょうゆの色なのであれば、東京のラーメンでも
然りだが、赤くなるはずである。


たまりなのか、わからぬが、
富山のしょうゆの色なのか、、。


そして、もう一つの特徴はとにかく塩辛いこと。


前記の経験からすると、駅ビルに入っている
西町[大喜]というところが最も塩辛かった。
次が浅草にあった[だらんま]。


富山でのこのラーメンの食べられ方は
私もそうしてきたが、塩味が強すぎるので
必ず白いご飯を一緒に食べる。


ただ塩辛い、塩味が強いだけではなく、
うまみも濃い。


そして[いろは]。


ここは実のところ、富山まで行かなくとも
秋葉原のヨドバシにも入っており、食べられる。
ここの社長、いわゆる“やり手”。秋葉原どころ
ではなく、中国になん軒も店舗展開しており、
その他、タイにもあるようである。


この[いろは]のもの。
富山伝統の(?)、塩辛いものではない。
黒いのに、そこまで塩味が強いわけではない
のである。


おそらくこれが成功の秘訣であったのであろう。


昼時、店はにぎわっている。


煮玉子入りに小ライスを付けてもらった。



ご飯がなければ食べられないほど塩辛くはないのだが
富山の流儀に敬意を表しての、ライス付き。


麺はちょっと縮れた太め。


スープはほぼノーマルな塩味であるが、
魚介が感じられ、かなりうまみが濃い。


総じて、うまいラーメン、で、ある。


塩辛くなくとももちろん、
白いご飯にもよく合う。


うまかった。


お馳走様でした。




しかし。


私が気になるのは、浅草で閉店してしまった
[だらんま]のこと、で、ある。


私など塩辛い、正統の富山ブラック
近い味であった[だらんま]は意外に気になり
思い出したようにではあるが、閉店少し前まで
時たま食べていた。


閉店の理由は、やはり最近は今一つの客の入り
だった、からなのか。


浅草の[だらんま]は2012年の開店というから
5年であろうか。
確かに、あの滅法塩辛い富山オリジナルは、
東京では一般受けはしなかったのかもしれぬ。
話題性がなくなると、やはり続かない?。
そうだったのかもしれぬ。


[いろは]のようにアレンジされた味だけでなく、
富山ローカルの極端な味でもバラエティーの一つとして
東京にあっても、もちろん、よいと思うのである。


やはり、この件、ちと残念である。







いろは