浅草在住、断腸亭錠志の断腸亭料理日記はてな版です。
断腸亭料理日記本店
 

2017断腸亭の連休ラーメン その1


今年のゴールデンウイークも終わったが、

皆様はどのようにおすごしであったろうか。

4/29からの東京は天気にも恵まれ

暑くもなく、寒くもなく、五月晴れであったと

いってよろしかろう。

平穏な連休。

私は9連休。

例によって、遠くへは行かずに、近所のラーメンやを

まわったわけである。

9日間、毎日一杯ずつ、都合9杯食べたわけである。

今年で3年目か。

ご存知の通り、東京では新しいラーメンやがどんどんできる。

私の住む、浅草、上野界隈も然り。

また、近所ではあっても普段の行動範囲外にあるところも

こういう機会にみておきたい。

まずは、人気店をチェック。

その中で、新規開店、既存店その他、行ってみたいところを

決めてみた。

まずは初日、4/29(土)。

最も近所の店。

同町元浅草町内、浅草通り沿いの[喜多方食堂 麺や玄]。

台東区元浅草4-7-15)

喜多方ラーメンの店、

なん度かきてはいる。

喜多方では朝ラーということで、ここも朝7時からやっている。

連休初日で早く起きてしまったというのもあり、ここ。

歩いて5分ほど。

7時半頃。

ほぼ満席。小さい子供の家族連れが多い。

子供は休みの日でも早起き。

全部のせ的な特製しょうゆラーメン。(1,000円)

味玉とねぎが別盛で出てきた。

背脂がうまそう。

麺は平打ちの縮れ。

喜多方の基本はすっきりしょうゆ。

これに背脂が入り、ちょっとこってり。

とんがってはいないが、うまいラーメンであろう。

いい滑り出し。

さて、次、

4/30(日)。

これは今年3月開店という新店。

支那そば 大和]稲荷町本店。

03-6543-9876

台東区東上野6-1-7 MSKビル1F

日祝にやっているところ、で、ある。

[喜多方食堂]の浅草通りをはさんで反対側。

左衛門橋通りよりも上野方向へいったところの

ごく近所。

なんでも、池尻大橋の[八雲]という人気店の

分かれ、とのこと。

開店の11時半を目指してきてみたら、既に行列。

開店すぐであろうが、店の中も満席。

どうせ暇な身、のんびりと列につく。

店内に入り、券売機で食券。

黒だしと白だしとあって、ようはしょうゆと塩のよう。

わんたんも海老と肉があり、混ぜて4個、

どちらかだけ、というのも選べるよう。

特製わんたん麺白だし、肉と海老。(1,000円)

ビール小瓶も。



白だしというから、文字通り和風調味料の「白だし

が入っているのかとも思ったが、おそらくそうでは

ないだろう。

魚介系なのであろうが、かなりバランスが取れており

すっきりなのに濃厚な旨み。

わんたんもぷりぷりでよい。

なるほど、話題だけのことはある。

さて。

月をまたぐが、もう一軒。

5/1(月)。

去年もきたがやはりごく近所の[稲荷屋]。

台東区元浅草2-10-13 島田ビル1F

03-3841-9990

ちょうど[大和]の浅草通りをはさんで

南側の正面といってもよい場所。

フレンチ出身という若い主人が一人で

やっている。

去年は蟹のスープの「ビスクドクラブ」というのを食べた。

それ以来。

対面の[大和]同様、わんたん麺もある。

また、やはり限定でフレンチのスープのものが

あるようなのだが、ちょっと暑かったので、

辛みまぜそば(800円)、というものにしてみた。

まあ、選択ミス、自らの責任である。

汁なし担々麺など辛味系の和えそばとしては

十分にうまいのだが、驚くほどのものでは正直ない。

通っている店で、たまには違う味、

というのであればよかろうが、この店を

代表するものではなかった。

まあ、こういうこともある。

どうせご近所、近いうちにまたこねば。





つづく